きなり血糖値の高い人におすすめ

MENU

きなり血糖値の高い人におすすめ

さくらの森の「きなり」は、DHA・EPAサプリメントです。

 

DHA・EPAとは、青魚に多く含まれるn‐3系不飽和脂肪酸「必須脂肪酸」です。

 

DHAは主に脳の働きを正常に保つ作用があり、EPAは血栓予防・血液中の中性脂肪を低下させる作用があることで、世界中の人が健康維持のために注目している成分です。

 

DHA・EPAは必須脂肪酸なので体内でつくられることはありません。

 

 

普段の食事から摂取することが必要ですが、現代人の多くがDHA・EPA不足だといわれています。

 

それは、若い世代だけでなく、50代以上の世代でも1日1,000mgの推奨摂取量に対して600mg〜700mg前後と大幅に不足しているのが現状です。

 

一般的に40代を過ぎると、生活習慣病が気になり始めるという人が増えてきます。

 

健康診断の数値が高くなり、指導され始めるのもこの世代特有だといえるでしょう。

 

その背景には、食の欧米化・栄養の偏り・運動不足・遺伝などさまざまな要員が考えられますが、DHA・EPAのサラサラ成分には、生活習慣病予防に大きな期待ができることで人気が高まっています。

 

ここでは、きなりが血糖値にどのように作用するのかを見てみましょう。私たちは食事からさまざまな栄養を摂取しています。

 

 

体のエネルギーとなる糖質(たんぱく質)は体内でブドウ糖になり、日々の活動するための燃料として血液中に送られていますが、血液中にあるブドウ糖(血糖)を全身の細胞に取り入れたり、脂肪や筋肉に蓄えているのがインスリンです。

 

血糖値は多少高くなっても自覚症状がないため、健康診断や人間ドッグなどで発見されるケースがほとんどです。

 

高血糖の状態が続くと血液がドロドロになったり、国民病ともいわれている「糖尿病」を発症する可能性も大きいため、血糖値をコントロールすることは健康を維持するためにも重要であるといえます。

 

近年ブームを起こした「糖質オフダイエット」は、経験がない人でも一度は耳にされたことがあると思います。

 

これは、糖質を摂るとインスリンが大量に分泌され、使い切れなかった糖が脂肪となって蓄積されるのを逆手にとったダイエット方法です。

 

インスリンは、主に糖質(炭水化物)の代謝を調整し、血糖値を一定に保つ働きがあるホルモンです。

 

血糖値とは、血液中のブドウ糖(血糖)の濃度のことで、空腹時には低下し、食後に高くなるのが一般的です。ただ、食後に高くなった血糖値はインスリンによって調整されて一定値へと下がるため、インスリンの分泌が大きなカギとなっています。

 

きなりのDHA・EPAには、インスリンの分泌を促進する作用があるといわれています。また、きなりに含まれるナットウキナーゼには、大豆の約1.5倍もの水溶性食物繊維が含まれているので、糖質(炭水化物)の消化吸収を抑え、食後の血糖値の急激な上昇を緩やかにすることが期待できます。

 

 

インスリンの分泌が少なくなると、血液中に糖分が溜まり、血糖値が上がってしまいますが、きなりの青魚サラサラ成分がしっかりとガードしてくれるというわけです。

 

DHA・EPAが広く認知されるようになったきっかけは、先住民族イヌイットの食事内容と心臓病による死亡率の調査です。

 

イヌイットは野菜を全く摂らず、魚やアザラシの肉を中心の食生活にも関わらず、心筋梗塞や狭心症などによる虚血性心疾患での死亡率が非常に少ないという結果が確認されました。

 

その健康を支えたのが、きなりに配合されている「DHA・EPA+DPA」の組み合わせです。

 

健康診断や人間ドッグなどで血糖値が高いことが発見されると、まずは食事制限や適度な運動を取り入れるよう指導されますが、忙しい現代人にとっては分かっていてもなかなか難しく実行できる人は少ないでしょう。

 

その点、きなりは毎日4粒を目安に飲むだけでOKなので、手軽に続けやすいと人気です。

 

●きなりの口コミ(40代 男性)

 

仕事の付き合いでお酒を飲む機会も多く、夜中にラーメンを食べることもしばしば。メタボまっしぐらの生活をしていたところ、健康診断で血糖値が高くなっていることを指摘されました。
お腹周りを見て「ダイエットしないとな〜」くらいに軽く考えていたので、糖尿病予備軍だといわれたときには、まさか自分が糖尿病になるかもしれないとのことにショックでした。きなりを飲み始めてから、少しだけお酒の

 

量も減らし、夜中の炭水化物も極力我慢していると、半年後には正常値近くまで下がっていました。

 

お酒は仕事の付き合いなので止めることは難しいですが、きなりがあれば安心です。体調も良いのでこのまま継続していきます。

 

 

●きなりの口コミ(50代 女性)

 

魚を食べる習慣がなく、今も量は減ったもののお肉が好きで、甘いものにも目がありません。
久しぶりに受けた人間ドッグで、血糖値・中性脂肪が高いことを指摘されました。親が糖尿病ですが、何となく自分は大丈夫だとたかをくくっていましたが「何か対策をしなければ!」と思い、始めたのがきなりです。
DHA・EPAの1日推奨量の半分が摂れるのが嬉しいですね。魚臭さもないので飲みやすいです。3ヶ月後の健診で、血糖値がぐっと下がっていたので先生に褒められました。運動も特にしていないので、きなりのおかげだと思っています。

 

物忘れが多くなっていましたが、最近は特にその心配もなくなりました。